ある企業で聞いた話ですが、工場で働いている人たちの仕事の能率があまりに悪いので、試しに国語のテストをしたら、びっくりするくらい語彙が少なく、成績がよくなかったそうです。たしかに「うぜーな。うぜーよ。メシいこうぜ。マジっすか?」くらいの言葉で済んでしまう世界がある。(中略)それはマズいと思って、その企業は国語教育を始めたんだそうです。それで、彼らが国語が少し面白いと思い始めたあたりから、俄然仕事の効率がよくなった。

原研哉/阿部雅世『なぜデザインなのか。』

語彙が少ないと仕事の能率もわるい?:DESIGN IT! w/LOVE

— 語彙力が低い人が多く住む地域は犯罪発生率も高い、って話もあったっけ。

(via nakano) 2007-12-17 (via gkojay) (via ak47) (via joker1007) (via fukumatsu) (via yaruo)

(via ipodstyle) 2009-06-18 (via gkojay) (via l9g) (via 7z) (via merluza) (via uessai-text) (via ymrl) (via katoyuu, uqa) 2010-04-06 (via gkojay) (via indivi) (via onehalf) (via usaginobike) (via m0gyan) (via maso-tumb) (via kyoukochang)

(via o00o0o)

すぐ幸せになれる、ちょっとしたこと5つ
・ほほえむ
・背筋を伸ばして大股で歩く
・声をあげて笑う
・お茶の時間など、小さな瞬間を楽しむ
・ほかの人に親切にする

毎日の習慣になると幸福になる6つのこと
・祈る
・動物と遊ぶ
・感謝の日記をつける
・楽しい音楽を聴きながら協力しあう
・睡眠を十分にとる
・公園に散歩に出かける

少しがんばると幸せにつながる5つのこと
・運動する
・瞑想する
・ボランティア活動に参加する
・旅行に行く
・乜ッ久する

ママや先生の言う事を全て真に受け彼ら彼女らの言うとおり行動したら多分ロクな人間にならない。所謂「マジメ系クズ」というのはそうやって出来上がっていく